bxd9fimy (bxd9fimy) wrote,
bxd9fimy
bxd9fimy

太田の家族「泣き方がひどい」と

女に向ける。通話開始までの待機音がある訳じゃないので相手が応じるまで無音のまま反応を待つしかない。ちなみに、クズノハ仕様の念話ではプルルルと待機音が出る様に弄ってある。これも、ある意味では様式美かも。セキュリティとはまるで無関係な部分だから。

(ライドウ、連絡をくれて嬉しいわ。何か私達に協力できる事があるの? それとも私と話がしたかっただけ?)

(両方、と答えられるようになりたい所ですけど、今回はお願いがありまして)

 何か協力出来る事がある、ね。多分もう部下から報告が入っていそうなものだけど。それでも彼女は同じような惚け方をするか。

(聞くわ。言って?)セイコー 腕時計 女性

(少しの期間、闘技大会が終わるまでの期間で結構です。ロナさんがロッツガルドに潜ませている魔族の方を退去させて欲しいんです。これまで問題も無く黙認してきたんですけど――)

(理由を聞いてもいいのかしら?)

 もっともだ。だけど、どう言ったらいいものか。リミアの貴族が、などと言ったらロナさんがそちらに何かアクションを起こすかもしれない、なんて思うのは思い上がりだとわかっているけど。

(出来れば聞かないで欲しいです)

(そう、でも今日すぐには難しいわね……)

(詳しくは言えませんが、ジンやアベリアの為でもあるんです)

(あら、短い間とは言え同じ講義を受けた仲。ええ、そう言う事なら無理をしてあげるわ。報酬は魔王様と一度会ってもらうと言うのでどうかしら?)

(……わかりました。いずれ、そちらのご都合の良い時に)

(うふふ、張り切って時間を作るわね。ではロッツガルドの部下を全員、えっと十名くらいだったわね、学園祭が終わるまで休暇にしておくわ)

(十三名ですね。よろしくお願いします)

(……人数を間違えるなんて上司失格ね。今のは部下には内緒にしておいてね、ライドウどの)

(わかりました。ではこれで)

(確かに十三名全員、学園都市から引かせるわね。じゃあ、またいつでも連絡して、待っているから。世間話でも構わないわよ)

 ……はぁ。予想していた通り疲れた。念話の接続が切れた事で疲れを一気に感じた。seiko spirit
 妙に話しやすく感じるのも逆に嫌なんだよ。好意的ですよ、ってアピールされているみたいで意図を探ろうとしてしまう。そんな自分も嫌。
 でもこれで、生徒のフォローに気を配ることが出来るな。あの人がジンやアベリアの名前を出してどうなるとも思えなかったけど、意外と上手くいくものだな。魔族もこの期間に何かする気はなかったんだろうか。
 魔王と会うだけなら、特に僕が支払うものも無い。会ってみて滅茶苦茶良い人だったら敵対したくないと思う程度か。
 後はホープレイズ家だけ。リミアは勇者がいる国だから、あまり思い切った事もしにくい。幸い王様が直々にここに来ているみたいだから無茶な事はしないと信じたい。僕らだけで穏便に始末がつけられる程度に抑えてくれよ。それにしてもホープレイズ、ねえ。前にどこかで聞いた気もする。


「作戦会議の最中に席を立つとは、ソフィアに似てきたなロナ」

「冗談。あんな裏切り者のバトルジャンキーと一緒にしないでくれる? それよりもイオ、そっちの準備は進んでいるんでしょうね」

 午前中から行われていた重大な作戦に向けての詰めの会議。ここ最近のステラ砦での日常風景だった。
 珍しくその席を中座した魔将ロナはそのまま会議の場には戻らず、砦の城壁に肘を乗せて考え事をしている様子で遠くを見ていた。
 砦の外周壁の上端がせり上がった場所。弓兵や魔術師が攻撃を仕掛ける為に陣を
http://www.watchsvinjury.com
  • Post a new comment

    Error

    Anonymous comments are disabled in this journal

    default userpic

    Your IP address will be recorded 

  • 0 comments